スリランカロスから救われました!

実は、7月のスリランカ旅から戻り

旅行会社へのお礼のメールでは

12月スリランカ旅の見積りを依頼し

また行きたい!行くのだ!と

スリランカが恋しくて恋しくて

たまりませんでした

毎日のようにカレーを食べていましたしね

意外とスリランカカレーのお店が少なくて、

でもカレーの美味しさにハマっていて

そんな話をしていましたら

仕事でお世話になっている方が

「今日の仕事終わりに行きましょか?」と

声をかけてくださいました

お忙しい方なのですが

当日は珍しく空いていらっしゃるという

とても貴重なタイミング!

私も予定を入れていなかったし

「はい!ぜひ! 」

「他の皆さんも都合がつけばご一緒しましょう」

その直後

他の皆さんと個別で話す機会があり

「今日カレー行きます?」と聞くと

体調が悪いとか、先約があるとか

理由はないけど行く気分ではないとか

そういうのって、よくありますよね

ひとつ引っかかったのが

「他の皆が行くなら、行きたいです!」という人

いつも結構、ブーブー文句言いなのに

自分のしたい事や思うことは言わない…

個人として色々思うことはありますが

ここには書きません(笑)

そんなこんなで、

私ひとり連れて行っていただきました

ふつうにカレー屋さんに行く感覚でしたが

想像をはるかに超える素晴らしい体験が

待っていたのです

京都から行こうと思うと

かなり気合いのいる場所にある

かぎりなく現地のものに近い

素敵なスリランカレストラン

山の中というのか森の中に

ぽつんと立っていまして

夕暮れでしたので電飾も

まるで現地のレストランのような佇まい

もう、もう嬉しくて

心の中で小躍りが始まりました

迎えてくださったのは

スリランカ出身の方で

優しい笑顔と、最高のおもてなし

愛と誇りとこだわりのつまった

美味しいお料理

もうすっかりスリランカに居る感覚です

心も満たされて、身体に優しい料理に

いつもの倍以上の量をいただきました

お腹いっぱいだけど

全身がよろこんでいて苦しくない

そして、スリランカロス

治ってしまいました!

また改めて行きたい国の一つですが

次のタイミングを待ち構える余裕ができました

コミットすること

心に素直でいること

あとは委ねる

これは、生きていくうえで大切なこと

必要なら適切なタイミングで叶うし

間違っていたなら、事が前に進まないから

今回は、他の人を通して改めて

自分がどう在りたいのかを再確認しました

打てば響き合う

純度の高い美しい音を奏でる

そんな仲間とつながって

人生を楽しみたいな