2015年7月に滞在したイギリスの

シューマッハカレッジでの生活

2年経って今ようやく記しています。。。

イギリス旅、いざ出発

イギリス家庭のお庭で紅茶とクッキー

自然にほどよく溶け込む日常生活、イギリス

暮らしながら学び合う、シューマッハカレッジでの体験全てが学び、イギリス

 

シューマッハカレッジに到着すると

まず、5日間ほど過ごす寮の部屋に案内されて

荷物をほどきました

シンプルで、窓から陽が差し込んで程よく明るい部屋

(なぜ写真を撮らなかったのだろう)

で、みんなが集まるダイニングルームへ

今回のプログラムが始まる前に、

まずランチタイム!

 

今回の楽しみの一つだった

シューマッハカレッジの食事

想像を上回る素晴らしさに、いきなり感激 感動です

マッシュポテト系のサラダにお花とか

「かわいい~~♪」

 

すべてカレッジ内のキッチンで作られていて

もちろん、朝・昼・晩と

メインのシェフと一緒に当番の人たちが役割分担して作ります。

カレッジ敷地内の畑の野菜や果物、ハーブを中心に

地元のオーガニック農園のものを使った

ベジタリアンミールです。

ものすごくボリュームがあって大満足

 

同じメニューが出てこないのもスゴイ

その時にある食材でシェフが献立を考え

お当番さんと協力しながら作ります

また作りながらヒラメキ創作料理になることも

 

 

こちらは、ある日のディナーだったかな?

パスタ、アーティチョークなど

パンももちろん自家製です!

 

準備が整ったら、各自食べたいものを

食べたいだけ取って、いただきます

キッチンの中はこんな感じ

これはオリエンテーションで見学している時の様子

 

この日のお当番さんとシェフが出来上がった食事に

感謝をささげているところ

 

 

ダイニングには、メニューボードがあります

カレッジ内の畑

こちらには沢山の種類のお野菜やハーブ、果物が育っています

 

また写真を取り忘れましたが、

ダイニングルームには紅茶のコーナーがあって

たくさんのマグカップ、様々なお茶が並んでいて

自由に飲むことができます

 

小腹が空いた時には、

時々キッチンスタッフが作ったお菓子が

置いてあるので、それを頂きます

 

私もキッチン当番を体験させてもらいました

英語が分からな過ぎたおかげで、

皆さんの優しさを全身で感じることができました

(^^♪

 

小さなジャガイモの皮むきや

プチトマトのヘタ取り

という簡単なことも

日本とはナイフの扱い方が違って

手取り足取り教わりました

 

あれを手伝ってくれますか?

「Would you mind helping ~」と

指示をいただいたのに

「Yes!」って答えちゃうし

(この場合、Noって答えるのが「はい」という意味)

なんかスゴイ汗をかきながらの

キッチン当番体験でしたわ。。。

 

地球に優しい暮らしは、豊かで

人間の身体と心の健康の土台

 

愛情たっぷりの食材で

まごころ込めて作られる

美味しい食事をいただいていると

心穏やかに、朗らかになったような気がします

 

改めて、食事ってコミュニケーションであり

人生の営みにおいて楽しくて♪大切!だと思いました

 

 

 

イギリス旅、いざ出発

イギリス家庭のお庭で紅茶とクッキー

自然にほどよく溶け込む日常生活、イギリス

暮らしながら学び合う、シューマッハカレッジでの体験全てが学び、イギリス