自分を喜ばせること

本当に本当によろこぶこと

一番よろこぶこと

分かっているようで分かっていない

と思っていたけれど

ちがう

分かっているのに後まわしにしているだけ

何だろうか、理由をつけてみたり

自分の声より周りの声が気になっていたり

ささいな、思考に気付いた

今日は、京都に引っ越してきて

はじめてエステサロンに行った

足の先から頭の先まで、最高の癒しタイム

これまでの何よりも身体が喜んでいる気がする

(実際は、これまでの色々も大事だったんだけど)

ものすごく気持ちがいい

これ!と思うサロンに出会うまで行かなかった

その甲斐があったなぁーと感激しながら

通り道に、いつも行列のキルフェボンの前をとおり

もし空いていたらお茶をしようと店内へ

案内されるのを待つ間、

ショーケースに並ぶケーキを眺めながら迷う

左から一つ一つじっくり見て、一番右端にある

ベイクドチーズケーキが気になった

ここで素直に決めたらいいのに

「キルフェボンといえばフルーツタルトじゃない?

季節限定のとかさ、人気なのはどれだろう?

チーズタルトはワンホールだけ、でも他のは

2ホール並んでいる、ということはチーズタルトは

違うのかもしれないな…」

自分の希望よりも、正解を求めているかのように

問答を繰り返し、結果いちごムースタルトを


美味しんだよ

だけど、後から来た外国人美女のもとに運ばれた

チーズタルトを見てしまったら

「やっぱりチーズタルトだったかな」と思う私がいて

ψ(`∇´)ψあぁっ

「これだ、これ」

私は自分の希望を拒否して、ないのに正解を求めた

このクセ、もう止めよう

ということで

この木屋川に流しましたとさ

(๑′ᴗ‵๑)

こうして地道に 自分に素直に 素直に

HAPPINESSを生きよう