美味しいと噂のパンが食べたくて

ランチを兼ねて再訪

どれにしようか迷ったけれど こちら

生ハムクリームチーズサンドイッチ

 

噂は本当でした

モちっとしたパンの味わいと

パラパラとかかっているバジルの香りが

全体をまとめてくれているような

いくらでも食べたくなる美味しさ

実際はボリュームがあってお腹いっぱい^^

(他のサンドやトーストも気になる)

 

今回はカフェオレにしてみました

またこれが美味しい

 

読書をしながらゆっくりと

のんびりなひと時を過ごしました

 

 

・・・・2017年2月4日の記事・・・・・・

檸檬タルトと珈琲

檸檬チーズタルト

シンプルで余計なものが入っていない

無農薬のレモン丸ごと使われているそうです

 

さわやかな甘さとタルトのサクサク感が

とても美味しいし

珈琲と合うように出来ている◎

 

珈琲

いくつかの種類があって

どれもが香豊かで美味しそう

メニューの文字だけでは分からない

そんな私にはうれしい

珈琲豆の香りをきくことができるんです

 

ごめんさい 本当に名前が覚えられない

たぶん5種類ぐらいあったのですが

それぞれの香りが全く異なっていて

珈琲という一つのカテゴリーのものとは思えないほど

 

今日の気分で選んだのですが

「グなんちゃら、いやグ始まりだったかな?」

憶えていない^^;

インテリアも素敵で

空間も温かみがあるし

お隣の席と適度に離れていて

でもガランとした感じでもなくて

なんか落ち着きます

きっと 店主やスタッフさんの

お人柄も相まっているんだろうな

 

こだわりの美味しい素材も大事

だけど

それをどのような気持ちで扱っているか

また

それをどのような気持ちで客に提供しているか

それも美味しさとして伝わってくるもの

私は、ここに敏感

美味しさと

客の気持ちにも心が向いている

そんなお店が好き

こちらは、本当

まごころがこもっていて

珈琲やスイーツはもちろん

接客での言葉にも温度があって

美味しさの一部になっている

 

私はどうでもいい話をする人で

それに適切な相槌を打ってくれる

(あ、どうでもいいといっても

美味しさの感動をペラペラとしゃべり

話が長くなるのです)

そこに 心を通わせてくれる人が好き

 

こちらは 店主もスタッフさんも

美味しい珈琲をとおして

心の交流ができる素敵なお店

 

そして、驚いたのが

こちらから徒歩3分のところにある

cafeWAKKAさんの焼き菓子が置かれている

 

お互いの商圏内にあると

ライバルとなりそうなもの

 

実際わたしは ご近所なので

どちらも好きになっちゃったし

どうしたものかと思っていたところ

 

旅の音さんのこだわり珈琲と

WAKKAさんのまごころクッキーが

こちらで味わえるだなんて

嬉しいかぎり

 

WAKKAさんに行った時に

この話をしたら、ご縁のエピソードを

聞かせてくださった

 

きっと大事にしているものが同じだと

ライバルではなくて仲間として

発展してくんだろうなと感じた

 

これはカフェに限らず

すべてにおいて同じことが言えますね

 

ステキなお店が近くに出来て嬉しい

ポストに入っていたチラシを見て

行ってみてよかった^^