今までと同じことを繰り返したくないなら

今までと違うことをする

大きなことではなくて

 

例えば、言葉

 

言葉をそのものを変えてみる

一言を変える

一言を加える

一言を止める

とか

 

言い方を変えてみる

言うタイミングを変えてみる

 

後に言っていたのなら  先に言う

溜めて言っていたのなら  溜めずに言う

 
……

職場での人間関係で辛い経験をした方と話していると

新しい人間関係が始まる時に

同じことは経験したくないと

おっしゃいます

 

しかし、

その職場の状況や  その方の立場

事情も様々なので  これ!という

簡単なスイッチはなくて

トライ&エラーの中で

関係の変容と熟成が

繰り広げられていくのではないかな?と思います

 

上記のような話をすると

「難しい」と言う方も少なくありません

 

先日は「リスキーですね」とおっしゃる方がいて

私は「?」

(今までと同じことを繰り返すことや相手の変化を期待することの方がリスキーだと思っているので)
矛盾しているなぁと思いつつ

とにかく  まずは自分の言動を

意識して変えることを

アイデアとして提案することが多い
このチャレンジが難しく抵抗を感じる方は

リスク0の方法としては これ!

どんな関係性でも

「ありがとう」の数を増やし

誰に対しても  分け隔てなく

「ありがとうございます」と

笑顔で伝えることを実践している

そんな自分になること

 

そうすると

今までと違う景色を見ることができますし

そういうば  結構いい感じかも?と

心の変化も実感できます

 

 

10回言ってみる  20回言ってみる

と意識して数えながら

取り組んでみるところから

 

 

ポイントは 分け隔てなく

他者も自分に対しても

笑顔で接すること

 

 

誰にも気付いてもらえなかったり

他者から思うような返答がなかったり

そんな時には、自分に

「ありがとう(^^)」と言う

 

 

 

美味しいものを食べて嬉しい時も

ご馳走して下さった方やお店の方

そして  自分にも笑顔で

「ありがとう」と言う

 

 

かならず ステキな方向に進んでいきます

 

※とても辛くて「ありがとう」が言えない時は

「ありがたい」という

 

これ
微笑み返しの法則といいます