出張で新幹線に乗る前に

京都駅でランチを

 

いつも行く和食のお店ではなく

今日も直感に任せてみました

「気分よく美味しいのが食べたい」

これだけ決めて…

 

バスを降りて、地下街へ下りる階段が

目に飛び込んできた

ん?と思いつつ

いつもと違う方向

どうしようかなと思った瞬間

外国人観光客に話しかけられた

京都駅はどこだ?この地下街から行けるか?と

YESと答え、私もそっちへ

寒いし地下から向かうことにしよう

 

ランチ時で沢山の人で賑わっている

ふらーっと歩いてみた

「なんかお店あるかなぁ」と

 

で、こちらのお店

萬重さんの前で足を止めて

メニューをじーっと見る

よく分からないけれど、いい感じ♪

 

カウンター席にとおされて

メニューを見るも、いつものように

値段をみて決めようとする自分がいない

 

メニューと周りのテーブルの上を見たりして

「これを」とオーダーした

 

忙しい店内だけど、店員さんは

それなりに丁寧でテキパキとし

気持ちがいいし

忙しくても、落ち着きがある空間

 

仕事の前って特に、余計なことで

神経を使いたくない自分にも気付いた

 

そうこうしていると、お膳が出てきた

よく見ると、大好きな生麩田楽を発見!

「めっちゃ嬉しいやん!」

「あ!出し巻きも食べたかってん!」

「天ぷらも!そうエビの天ぷら!」

お吸い物は、土瓶蒸し!鯛が入っている

これも大好き♪

 

もちろん、ご飯もピカピカで

噛むほどに甘くて美味しい

 

お漬物も余計なものが入っていなくて

本当に美味しい

 

安心して美味しさを堪能できる

 

そんな至福のひと時

 

今こうして書きながら思い出しても

感動がよみがえってくる

「本当に本当に、美味しかったぁ~」

 

 

丁寧に丁寧に、仕込みがされたお料理は

食材を尊重して作られている

つまり愛にあふれている

だから、気持ちよく美味しいんです

 

和食、日本食が好きなのは

そういうところなんだなと

我ながら再認識したのでした

 

心のある空間、お料理に出会えることができ

直感にしたがうって、いいなぁと

思いました

だから、引き続きトレーニングをしよう

 

つい過去の延長線上で考えたり

以前に良かったからという基準で選択することがあるので

「今」に委ねる私でいるために

意識して取り組んでます

 

こんな感動体験ができたので

もっともっと感動したいから

意識するのが楽しくなっちゃいます

嬉しいな