今、この瞬間を大事にする。

いろんなことを考えたり思ったりするけれど

そういう時は、すぐに

「今」を感じる。

なんでもいいから

「こうして座ることができている」

「呼吸ができている」

「目をつむることも、開くこともできる」

というふうに、

「今」「自分」に意識をもってくる。

そして、

「あ~、なんて豊かなのだろう」

「こうしてお洋服が着れたり

行きたい場所に行ったり、食べたいものを

食べることができるって

すごい豊かなことだよね~」と

「今」「豊かさ」に意識を向ける。

 

なんてことない

けれど、これだけで気分が変わるし

事象の受け止め方が変わるし

実際の出来事も変化する。

そして、何より

考えても仕方がないことを

考えないようになる。

 

バスに揺られている時、

電車の乗っている時、

信号待ちのとき

どんな時でも、すぐにできる。

 

そういえば、昨日

「一日の感謝を数える」という

お話をしてくださった方がいた。

寝る前に30個書き出していると

人生が大きく変わった人がいたそう。

 

何事も、多面的

ポジティブもネガティブも全部ある

その中で何を見るかは

自分が決めること。

 

 

 

思考は余計に使わない

ひらめきの為に使う。

 

今この瞬間に意識を向ける。

そのために、豊かさや感謝を数える。

 

その時、その時に数えても

一日の振り返り数えても

結果として、喜感力が高まったら

瞬間、瞬間、豊かさや感謝を感じやすくなる。

 

人生は変わる。

誰もが、幸せを生きているのだから

そのことを実感できるようになったら

安心、よろこび、たのしさ・・・

その人にふさわしい実感が湧き上がるだろう。