得意なこと、不得意なこと

私は、お掃除や片づけが上手ではありません。でも空間を綺麗に清潔に保ちたいと思っています。

何年もかけて試行錯誤しながら分かったことは、物が少ないければ少ないほど片づけやすく掃除がしやすいということ。

また、自分にとって本当の幸せって何だろう?って考えたりするようになった時期に、部屋中のどこを見ても「本当に好きなもの」そんな生き方をしようと決めました。

他にも、「足るを知る」マインドフルネスを実践するようになり、地球を一つの生命体として捉え日々を丁寧に暮らす生き方をしている方との出会いと体験からゴミを出さない暮らしを心がけるようにもなりました。

そんな色々が重なって、私の居住空間はどんどんシンプルになっていきました。そして長年住み慣れた大阪から突然こちら京都に引っ越してきました。

これは大きな転機の一つかもしれないと少しずつ実感しはじめています。

そう、小さな「暮らしへの意識」の変化が積み重なって素晴らしい出会いや体験をし、その小さな点が集まって大きな波となったのだろうなと感じています。

ここ京都での暮らしは、以前の暮らしと全く異なります。これは日に日に感じています。どちらが良い悪いではなくて「違う」。そんな中、色々と足りない物もありますが、「揃える」ことを考えないようにしました。

必要になったら手に入れたらいいし、そうなるはずと思いながら、多少不便でも物を増やすことを極力しないように暮らしています。

そうすると、「棚が必要だと思っていたけれど、棚でなくても箱にしたら用途が広がり便利かもしれない」とか

「これを持ってきたけれど、今の生活には必要のないものかもしれない」と処分をしたり、ヒラメキや思考の転換などが起こっています。

もともとテレビのない生活をしていましたが、今回は全く使っていなかった電気掃除機は持って来ず、箒と雑巾がけで掃除をしていますし、洗濯洗剤以外は洗剤を使うことなく清潔を保つことができています。

これも小さな積み重ねの中で心地いいものを選んできた過程の一つ。今は必要ないだけ。必要になったら使うんだろうなと思っていますし。

 

掃除や片づけが不得意な私は、手軽にちょこょこ拭く、掃く、片づけるが出来る環境を作ろうと色々工夫し始めています。

特に水回りに関しては、寝る前に排水溝も洗って清潔を保ったり、台所に食べ物を出しっぱなしにしない等、私にしてはかなり意識しています。

カビもですが、虫予防でもあります。文字も書きたくないほど苦手な虫もいますので、出逢わないように予防しているわけです。

以前の大阪での生活は、何年もその虫に遭遇することなく過ごしていましたので、ここは外せないポイントです。

 

がしかし、なんと!昨日キッチンで遭遇してしまったのです。え?何でこんなところに?と驚いてしまう場所にいました。

よりによって一番イヤな状況が起こったのです。

もうもう慌ててパニックになりながらも、私ってものすごく冷静なところもあるので思考が働き「バルサン買いに行こう」と財布をもって出かけ・・・しかし、スーパーにない、ない結構大きなスーパーも回ったのにない。。。

電車で向かうつもりで、あるホームセンターに電話で問い合わせたら「あります」とのこと。スーパーのエスカレーターを降りながら

「神様、本当にホームセンターまで行かないとないのかな?この近くに売ってるところあるなら教えてください」と心の中でつぶやいてました。

スーパーからでると、「あ!」「薬局ドラッグストアにあるんじゃない」と思いつきグーグル先生にきいたら、すぐそこにあるということでGO,無事にバルサンを2つ購入できました。

夏の日の午後14時ごろ、汗だらだらで急いで帰宅。まず2階の窓をしめて、シューっと霧が出てきました。そして1階もパソコンや観葉植物にカバーをして、シューッと。

この時の私は、もうネガティブのかたまり。その虫のことをアノヤローと呼び、何やねん、ナンデヤネンとぶつぶつ文句。健康しもワルイし自然を壊す殺虫剤を捲くことも、何が悪いのだ、アノヤローのせいだ!と。

と思えば、「あー、昼間でよかった」「早い時期でよかった」「土曜日でよかった」と、ものすごくポジティブなことを考えている私もいて、思考が行ったり来たりしていました。

しばし近所のカフェでゆっくり過ごして、夕方に帰宅し換気と大掃除を始めました。

恐る恐る、殺虫スプレーとゴム手袋で防御態勢をとりながら、ひとつひとつ洗ったり片づけたりしてながら、アノヤローが出て行ったのか死滅したのかどうなんだろうと気になりながら、あるものを触った時に、なんとアノヤローが出てきたのです。

声にもならない叫び「ひぁぁぁぁ~」殺虫スプレーに私が負けそうになりながら、「なんで?」「暑い中買いにいったのは何だったんや?」「あーっ、換気扇24時間スイッチONのままやん、空気窓空いてたやん」とネガティブな私はイライラ。

でも「まだ居ることが分かってよかった」とか思う私もいて。。。出来る限りで掃除をして、潜んでいそうな観葉植物の植木をテラスに出して、未解決のまま2階へ。

もうね、グッタリです。でも、大阪での数年間は遭遇しながったとういう実績があるので、意地になってきまして、色々と調べてみたりして、ここでヒットしたのが「周波数」虫との波動。殺虫剤が効かないわけですから、これしかないと思いました。

ここで、神様やエンジェル様にお願いしていました。思いのたけをプレゼンしました。

殺したいのではなくて私のいる空間から遠ざけたいのですと。そして私自身の波動を整え、空間の波動を整え・・・そのまま眠っていました。

朝も、恐る恐るです。一つ一つが疑いの動作です。カーテンを開けると、庭に蝉や蝶々が飛んでいました。

そう蝶々は「楽しんでいるし、軽やかで、共存している感じがする」「でもアノヤローは、こそこそ侵入して奪うエネルギーを感じる。だからイヤ」「私はお互いに楽しく共存できる空気感が好き、そんな人やモノと共鳴していたい」と引き続き神様にプレゼンです。

結局、よく分からないまま、日が暮れて夕食づくりをして、流し台の排水カゴのカバーを外してゴミを取ろうとしたら「え?」手を止めて、もう一度よく見たら「え?もしかして、もしかして・・・なんで?ここ?いつから?」とにかくアノヤローがくたーとなっていました。

ゴム手袋をして、新聞紙を使ってさっと処分できました。しかし不思議です。

昨晩は確かに綺麗に掃除をしたのでここにはいませんでした。殺虫剤の中でも走っていたのに?またどうしてここ? これ神様の計らいとしか思えません。私が目視確認でき、しかも手軽に処分ができるというベストな状況でした。

ここに書いているように、私は神様や目に見えない存在を信じているし、護られているし導かれていると思っている方です。

でも、ここまでハッキリと実感できたことって今までにあったかな?と思うほど具体的な出来事は初めてです。

「もう本当に、我々の事を信頼してくださいね」と言ってもらっているように感じます。

いやはや参りました。。。という感じです。

これまで、信じる方であっても半信半疑だったのですよ、今回のように強烈なポジティブとネガティブが内在している私ですので、信じたり疑ったりが激しかった。でも、それも卒業です。

どちらの私でも根底に信頼の土台がしっかりとあるので、動じなくなったと思います。

こういう暮らしがしたい!と願うなら、まず私がクリアになり心や思考のリセットをする。

それをしながら神様と協働すれば、簡単に楽しく叶っていくんですね。

 

 

しっかり呼吸をして、心臓の鼓動を感じると、意識が今ここに集まります。

そういう瞬間を一日のうち何回も思い出して実践していたら、感覚がつかめるようになってきました。

そのプロセスのひとつに今回の事件ですが、私に一番効果的な方法だったと思います。

 

心地よい丁寧な暮らし、地球(自然の)一部として生きること、愛とゆたかさのエネルギーの循環、地球の美しさ恵みに歓喜する毎日。私自身の暮らしの理想です。

今に相応しい理想の暮らし、きっちりと導かれています。何の心配もなく呼吸を意識して過ごそうと改めて思う今回の出来事でした。