この季節は特に、我が家では沢山の保存瓶が活躍してくれています。いくつかの梅仕事でも使いますし、たとえば梅シロップが出来上がったら次は梅を取り出して酵母液を作りますので、それにも保存瓶を使います。

夏の元気いっぱいの美味しいフルーツのタネや皮をつかって酵母をつくったり、また酵母を使って料理やパンやお菓子を作ったりと使っては洗いの大忙しです。

特に、発酵が好きな私は衛生面も意識するようになり、煮沸なども行うようになりました。大ざっぱな性格ですが好きなものの為なら出来てしまうんですね。(味や出来栄えに影響しますからねー)

ただ、もっと衛生的で効率よく出来る方法があればいいなとは思っていたので、そのアンテナが情報をキャッチしました。プロもつかっている消毒液「パストリーゼ77」です。

「なるほど!あっ・・・そういえば、色んなところ(お店やカフェ、フェースブックの発酵グループページ)で見かけたことがあったなぁ」と気付きましたが、アンテナが立っていなかったらスルーなのですよね。。。

こちらは、アマゾンや楽天で購入できてしまうという手軽さ、スプレーするだけで消毒できてしまえるという効率のよさ、一本あれば色々と使えると思い、一リットルサイズを購入しました。

まな板や包丁にもシュッシュ、もちろん保存瓶にもシュッシュ。ずいぶんと手間が省けますし、作業にムラがある私でも衛生管理がおろそかになることもないので、これは便利です。

img_1308.jpg

白いボトルにブルーのパッケージです。スプレーの口をねじって開閉するタイプ。

この口を閉じたままノズルをギュッギュとしても全く出ません。これに気付くまで「え?まさか、ノズル故障してるんちゃう」とイライラしてました。色々触っているうちに、シュワ~っと細かい霧状のパストリーゼ77さんが優雅でお出ましになりました。

 

出来る限り、昔ながらの手仕事でと取り組んではいますが、ストレスなく楽しく続けて深めていきたいので、自分の得意と苦手を知り地球の負担にならないように意識しながらもテクノロジーも選択肢に入れて、バランスをとりながら続けていきたいものです。