だんだんと暑くなってきたら

食べたくなるのは、わらびもち

わたしにとって、季節を感じる懐かしいおやつ

幼少期は、母がよく作ってくれました。

 

大人になってから、

京都や大阪の和菓子屋さんで

わらびもちを買う事はあっても

スーパーで買う場合は、

わらびもちの粉。

 

ちょっとお腹が空いた時、

ちゃちゃっと作れるおやつは

とても助かります。

作りたては美味しいですしね。

 

材料

  • わらびもちの粉
  • きな粉
  • 砂糖(の代わりに黒糖、米飴、はちみつ等)

※ 分量は、粉の袋に書いてあります。とろ~んとしたわらび餅にしたい時は、分量より少しだけ水多めにする。

作り方1

  1. 鍋に、粉と水と(今回は)はちみつを入れ、
  2. 中火にかけながら、木べらでゆっくりかき混ぜる
  3. 溶けて白い液体になります。鍋底に木べらが軽く当てながら大きく「の」の字を書くように混ぜ続ける
  4. 所々、透明感が出て、とろみがついてくる。手をとめないで混ぜ続ける
  5. ある瞬間から一気に全体が透明色になり、とろっとするので、手早く大きく木べらで練るようにまぜる
  6. だいたい2~3分位まぜたら、バットに流し入れて、冷やし固める
  7. 冷やしたら、適当に切り分け、きな粉をかけて頂く。

作り方2

  1. 鍋に、粉と水だけを入れて
  2. ~7は同じ

わらびもちに砂糖を入れずに、きな粉に砂糖をいれる。

もしくは、黒蜜やはちみつに絡めてから、きな粉をまぶす。

 

すぐに食べたい時は・・・

出来上がったら、バットに移さずに

スプーンと、冷水を入れたボール用意し、

鍋に直接、濡らしたスプーンですくって、冷水に落としていく

あら熱をとる時間、冷やし固める時間が要らない。

我が家は、たいていこの方法♪