何十年ぶりに伊勢神宮へ。
外宮の豊受大神宮の前に立つと、

風が吹いて白い布がぶわっと靡き、

なんだか歓迎されているような気がして嬉しくなった。


内宮に到着し、

花の香りに誘われて行くと蝶々たちが舞っていて、

宇治橋を渡ると一羽の鳥が至近距離で飛んだり跳ねたり、

適度な距離感を保ちながら行く道を先導してくれているかのよう。
(全てを‘歓迎されている’と受け容れてしまう自分の単純さに笑える)
内宮の正宮ではもう、風よ吹け!とか心の中で言ってたと思う。

 

五十鈴川御手洗場


靴をぬいで入りたい、

なんなら全身どぼんといきたいと思うほど、

すべてを流してくれそうな清らかな川。

 

 

 

境内は右側通行だったり左側通行だったり、

真ん中は神様が通る道とされていますが、

やはり本来、日本人の心「おかげさま」だなと。

 

最近改めて強く感じていた事と、

ここで体感した事が一致して、

答え合わせをさせてもらったような気がして、

だから来させてもらえたのかなと思うとお腹が熱くなった。

 

 

 

今、伊勢サミットに向けて厳戒体制で、

至る所に警察官がいる。

なんとも緊迫感のある雰囲気ですが、

全員ではないけれど「こんにちは(^^)」と

挨拶してくださって気持ちがいい。

きっと場への配慮と心遣いなのだろう。

日本の心、精神は美しい。

本来あるべき姿を、みんなが思い出せますように。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢神宮参拝後は、

猿田彦神社へ。

そして、

月読宮も参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方で誰もいなくて

とても静かで、静寂の中

深く呼吸して、

歩き疲れも吹っ飛びました。

 

 

今回は、近鉄特急で伊勢市駅へ

外宮を参った後、バスで内宮へ(10分弱)

内宮~おかげ横丁~猿田彦神社~月読宮

そして、近鉄五十鈴川駅へ徒歩

おかげ横丁から猿田彦神社は15分ぐらい

猿田彦神社~月読宮は徒歩20~30分

月読宮~五十鈴川駅は徒歩20分ぐらい