昨年の今ごろ。

この時に、「カレッジへ見学に行っていいですか?」と

質問したことがきっかけで、

イギリスのシューマッハカレッジの

earth pilgrim コースに参加することが決まった。



サティシュとの出会い、

シューマッハでの体験が、

今の私のホリスティックリビングの軸になっている。

 

【サティシュってどんな人?】

マハトマ・ガンディーの非暴力と自立の思想に共鳴し、

2年半かけて、核大国の首脳に核兵器の放棄を説く1万4000キロの平和巡礼を行う。

1973年から英国に定住。

イギリス南西部にスモール・スクールとシューマッハー・カレッジを創設。

エコロジー&スピリチュアル雑誌「リサージェンス」編集長。

【シューマッハカレッジって?】

真に持続可能で豊かな社会を創り出していくための国際的な教育機関。1991年設立。最大50人程度の小規模コミュニティで、生徒から講師、スタッフまでが、ともに掃除や料理といった生活の基盤となる活動に参加する。机上で得た知識や理論を超えて、共同生活をしながら実際の行動や経験から学ぶことを重要視している。1年間のマスターコース(ホリスティック・サイエンス修士課程)の他、年間10-20のショートコース(1週間から3週間)を運営している。

 

2014年DVDを観て「絶対にお逢いする」と決意。

翌年2015年3月に来日されたという何ともラッキーというかめぐり合わせ。

 

本物に触れる。

今同じ時代に、同じ地球(ほし)に生きているのだから

私は、迷いなく逢いに行く。