IMG_7647.JPG

自然栽培のプチトマトの苗

この初夏に譲っていただいて

はじめて、ベランダで自然栽培を。

 

この夏は、長期外出などで

水やりの量が少なくて

なかなか実らず・・・

8月後半の台風のころ

どんどん瑞々しく育っていく姿をみて

「あ、水が足りていなかったのだ」と

気付いたのでした。。。

 

 

もう収穫が終わり、種取りのころ

どんどん実り始めて、

その時の感動ってば、

もう本当にうれしくて

 

何回も何回も「ありがとう」って

小さな小さなトマ子さん達に

話しかけました。

 

 
我が家は我が家のペースで

遅咲きのトマ子達を見守りながら

(私の人生と同じだなんて思いながら

ならば、必ず完熟して種が取れる!

と根拠のない自信をもって)

 
実のない枝から枯れゆくトマ子に

共生を学びながら

ついに、グリーンのトマ子が赤く

熟してきました。

 

IMG_7718.JPG

 

そして、ようやく種取りができました。

いのちのリレーが、こんなにも繊細で

こんなにも奇跡が詰まっているなんて

想像を超えていました。

 

 

このプロセスの中で、

たくさんの豊かさを学びました。

 

そして、

これからも学んでいこうと思います。

秋冬のお野菜さんからも

そして、来年には種から苗を

その苗から、ト孫(トマ子の子)を。

 

このような体験をさせてもらって

農家さん自然栽培農家さんの御苦労は

何百倍だということが想像できます。

 

 

私達の体は、

日々の食べ物で出来ています。

こうして自由に身体が動くことも

美味しいものを頂けるのも

仕事ができるのも

両親、祖父母、先人が

食事を大事にしていたから。

 

 

今、定期的に自然栽培農家さんから

野菜を届けていただくのですが、

自分の健康だけではなく

日本の農家さんが存続することを

願ってのことでもあります。

 

 

 

本当に本当に微力ではあるのですが、

一人一人が、日常での

お金の払い先を意識し選択する

本当に大事なものを大事にし

失ってから後悔することのないようにと

強く強く願います。

 

 

未来の子供達の食の選択肢は

今の大人達の意識と選択(行動)に

かかっているのですから。