自分を後回しにして、

人様を優先することは、

一見素晴らしいこと。

 

だけど、この奥にあるものを

よーく見てみる必要がある。

見えない部分

なんと表現したらいいだろう

心の順番というのかな

これが、とても大事なのです。

 

自分にゆとりがあって人様を優先している

そういう自分でいるだろうか?

自分はガマンして人様を優先していないだろうか?

そうしていると、不満が出てくる

満たされていないから不満。

だんだんと調子が狂い、続かない。

 

一度、人様と接するように自分と接してみるといい。

人様にお茶を淹れるように、自分に淹れる

人様の話を聴くように、自分の声を聴く

人様に声を掛けるように、自分に問いかける

人様の触れるように、自分に触れる

小さな小さな、日常の所作を意識してみる、

人様にするように自分にするということを。

 

やってみると気付くこと解ることがあるはず。

そして、人様とのかかわりでも変化が見えるはず。

 

自分を愛しむこと

わがままでも何でもなくて

心豊かに、感謝しながら生きていくために

とてもとても大事なことなのです。

 

小さな行動を積み重ねること

自分の人生の舵とりは、誰でもなく

じぶんにしかできないこと

そろそろ人任せにしないで

自分で舵を握ってごらん。

その一歩が、自分に丁寧に接すること

 

他人様の見えないところでの

小さな一歩。

意味がないように感じるでしょう

でも、人様が見てないところでの

所作が、すべてを表すのです。

 

自分らしく、心豊かに、幸せを実感していたい

そう願うのなら、まずは小さな一歩を自分で。

誰かではなく自分次第なのです。